TortoiseGitのインストール

投稿者: | 2021年3月6日

概要


開発研究用(勉強用)のWindowsPCを購入したので、作成したソースをGitで管理しようと思い、TortoiseGitのインストール手順を纏めました。

前提


TortoiseGitを利用するには、Gitがインストールされていることが前提にないます。事前に、Gitをインストールしておいてください。

TortoiseGitのインストーラーを取得


TortoiseGitのサイトよりインストーラーを取得します。

TortoiseGit:https://tortoisegit.org/

下記ダウンロードページから環境にあったインストーラーをダウンロードします。

https://tortoisegit.org/download/

日本語パッケージもダウンロードします。

インストールが終了し、初期設定画面が表示されますが、英語表記となっています。TortoiseGit自体のインストールは終了していますので、一端、「キャンセル」ボタンを押下して、処理を中断します。

日本語パッケージインストール


ダウンロードした下記インストーラーを実行します。
TortoiseGit-LanguagePack-2.11.0.0-64bit-ja
セットアップ画面が開いたら、「次へ」ボタンを押下します。

「完了」ボタンを押下して、日本語パッケージのインストールを終了します。

日本語パッケージのインストールは完了しましたが、選択言語が英語のままとなっていますので、日本語に設定を変更します。
デスクトップ上で右クリックを行い「TortoiseGit」-「Settings」を選択します。

設定画面のLanguageの「English」を「日本語(日本)」に変更します。

「OK」ボタンを押下し、設定画面を閉じます。

再度、デスクトップ上で右クリックを行い「TortoiseGit」-「設定」を選択します。
※既にプロパティの表記は日本語になっています。

設定画面の表記が日本語に変わっています。

関連記事