Talend 外部Jar実行

投稿者: | 2020年8月10日

概要


既に利用しているJarをTalend経由で実行する方法を調べてみました。

  1. ジョブ作成
  2. Jarをルーチンに登録
  3. tLibraryLoadにJar設定

ジョブ作成


サンプル用のジョブを作成します。

Jarをルーチンに登録


tJavaでJarを利用するためには、「コード」-「ルーチン」にて、利用するJarを登録しておきます。

新規にjarを追加する場合は。「アーティファクトリポジトリ」を選択し、「新規モジュールのインストール」を設定して下さい。

jarを入れ替える場合は、「Modules」ビューを開き「外部JARファイルをインポート」をクリックしてJarファイルを入れ替えて下さい。

tLibraryLoadにJar設定


tLibraryLoadにルーチンで登録したJarを登録します。

tLibraryLoadの後続にtJavaを設定し、jar処理を呼び出します。

複数Jarを呼び出している場合は、tLibraryLoadを呼び出しているJar分用意します。

注意点


ルーチンへのJar登録とtLibraryLoadへのJar登録が必要なのですが、別々に説明していることが多いです。この二つの説明がむずびつかず、tJavaでのJar実装に時間が掛かってしまいました。

関連記事