Windows環境にFFmpegをインストール

投稿者: | 2021年8月11日

Windows環境にFFmpegをインストール

概要

画像編集ツールである「FFmpeg」についてまとめています。

FFmpegのインストール資材をダウンロード

FFmpegのインストール資材を下記サイトからダウンロードします。
下記画面のWindows画像を押下してください。

https://ffmpeg.org/download.html

「Windows builds from gyan.dev」リンクを押下します。

https://ffmpeg.org/download.html#build-windows

最新の資材「 https://www.gyan.dev/ffmpeg/builds/ffmpeg-git-full.7z 」をダウンロードします。

https://www.gyan.dev/ffmpeg/builds/

ダウンロードした資材を解凍して下記ディレクトに配置します。

C:\ffmpeg-2021-08-08-git-ac0408522a-full_build

Path追加


下記パスを環境変数のPathに追加します。

C:\ffmpeg-2021-08-08-git-ac0408522a-full_build\bin;

動作確認


コマンドプロンプトにて「FFmpeg」と入力し、下記結果が表示されることを確認します。

フレーム数の変更

下記コマンドにてフレーム数の変更が可能です。

ffmpeg -i 【変換元画像ファイル】 -r 【フレーム数】 【変換後画像ファイル】

例)フレーム数を60に変換する例です。

ffmpeg -i hoge.mp4 -r 60 hoge_60.mp4

編集後記

画像販売の際にフレーム指定されていることがあり、フレーム設定を行うツールを探していたところffmpeg を見つけました。コマンドベースの操作が必要となっていることが面倒くさいです。GUIベースのツールがあれば、乗り換えたいです。
ただ、pythonの動画編集ライブラリがffmpeg を利用しているため、当面は利用し続けることになりそうです。

関連記事



最近の投稿

過去の投稿

管理者が運営している関連サイト